FC2ブログ
プロフィール

kimさん

Author:kimさん
大阪府在住

愛機・・・CANON EOS1V
     CANON EOS5DⅢ
     NIKON F
     ZENZABRONICA SQ 等

このブログに載せている写真
  …EOS5DⅢで撮影
通常メインで使用しているカメラ
  …EOS1V(フィルム一眼)


写真の撮影が趣味で、自分で撮った写真を見てもらえるようにと始めたブログです。

仕事の合間に撮影して、アップしていきます。

もしよかったら、感想なんかを残していってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

KIMさんのPHOTOLIFE
趣味で撮った写真を、その撮ったときの様子とともに、皆さんに見て頂くためのブログです。 せっかく来ていただいた皆さまの足跡を残すためにも、是非コメントをお願いします。
フクシマ4
フクシマでの体験・感じたことを綴ってきた今回の報告も、今日で最後にしたいと思います。

感じたこと、思っていること、伝えたいことはもっとあるのですが、ネット上のこの場所では、残念ながらこれ以上お伝えすることができません。

それは、ネット上では無責任な「非難」をする方がいるのです。自分とは違う立場の考えを持つ人に対して、考えられないようなことばを一方的に吐き続ける人のことです。「ヘイトスピーチ」もその質は同じだと思います。そういう人のことばによって、ただでさえ辛い立場の人たちが、余計に辛い思いをしなければいけなくなります。だから、これ以上お伝えしようとすると具体的なことが分かってきてしまうからです。ご理解ください。

さて、前回にも書きましたが先日避難によるストレスで自殺した女性への保障を求めた裁判で、原告の訴えを認めた裁判がありました。この裁判で東京電力が主張していることばを聞いて、耳を疑いました。「自殺したのは個体の脆弱性が原因で原発事故は直接的に関係ない」東京電力は、事故を起こしたことと人々から故郷を奪ったこと、そのことによって絶望して自殺したとしても、それは責任がない、あくまでも死んだやつが悪いと考えているということです。こんな考えの人間たちが原子力発電所を管理し運営していると思うとぞっとします。
自分のやってきたことに責任をとる気もなく、事故を起こさないようにしようとする努力すらしていないのではないかと思ってしまいます。どれだけたくさんの人たちがストレスを抱え明日の見えない生活を送っているのか、本気で考えてもらいたいものです。

被災者の皆さんが、いちばん安心できる方法を真剣に考えてほしい、本当に被災者の声を聞いてほしいと思います。
少なくとも、政府も東電も、経済効率の善し悪しばかりを考えて行動しているようにしか見えません。これ以上苦しめないで、がんばらさないでと思うのです。

(そうそう、余談ではありますが、昨年の24時間テレビで飯舘村の子どもたちに富士山を登山させて「がんばれ!」といっているのを見て何考えているのかと思いました。これまでさんざんがんばらされている子どもたちにこれ以上がんばることを強いてどうするんだと思うのです。他人をがんばらせて感動を押しうる番組は見ていていい気がしません)

0V5A9882.jpg
(これが3年間住んでおられる仮設です。広い家で暮らしてこられた人たちにとってこの家で暮らすことだけで大きなストレスです。隣の家の声もよく聞こえ、自分の家にいてもリラックスできません。ここで、3年暮らし、あと何年暮らさなくてはならないのかも分からない中でどのくらいのストレスがあるのか・・・分からないなりにも考える必要があると思うのです)

0V5A0051_20140831230256661.jpg
(もう一つのボランティアで、仮設の人たちとの交流もしました。皆さん元気に笑っておられますが、それぞれが生活を失った経験をされているわけです。元気を出してくださったらと思って行きましたが、逆に元気をもらってしまいました。そんなことではだめなんですが・・・)

0V5A9980.jpg
(フクシマの台地に、本当の意味での「生活」が戻ってくるまで、自分にできることを考え、続けていきたいと思います。)

4回にわたって、私個人の感じてきたことを好きなように書かせて頂きました。
読まれた方の中には「ちょっと違うんじゃないか」と思われる部分もあったかもしれませんが、
私なりに感じたことをできるだけストレートに伝えたつもりです。
これからも自分にできることは何か、など少しでも皆さんと共に考え続けていけたらいいなと思います。
ありがとうございました。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kimkim1717.blog.fc2.com/tb.php/393-25a033d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)