FC2ブログ
プロフィール

kimさん

Author:kimさん
大阪府在住

愛機・・・CANON EOS1V
     CANON EOS5DⅢ
     NIKON F
     ZENZABRONICA SQ 等

このブログに載せている写真
  …EOS5DⅢで撮影
通常メインで使用しているカメラ
  …EOS1V(フィルム一眼)


写真の撮影が趣味で、自分で撮った写真を見てもらえるようにと始めたブログです。

仕事の合間に撮影して、アップしていきます。

もしよかったら、感想なんかを残していってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

KIMさんのPHOTOLIFE
趣味で撮った写真を、その撮ったときの様子とともに、皆さんに見て頂くためのブログです。 せっかく来ていただいた皆さまの足跡を残すためにも、是非コメントをお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島に行って・・・知らなくてはいけないこと 2
福島の報告第2回目です。
今日見て頂くのは、津波の被害を受けた海岸に近い地域の写真です。
ここも、避難指示の出ているところですので、人は住んでいません。

津波の力で堤防が破壊され、家は流され、津波が運んできた漁船はその場に放置されています。

ここにも「復興」のことばは見えてきませんでした。

この地域の学校に入らせて頂いて、教室を見たら、教室の黒板にはいろんな文字が書かれていました。
「〇〇は不滅だ」「〇〇大好き」「必ず戻ってくる」というようなことばでした。震災後にいろんな人がこの学校にやってきて、励ましのコメントや自分たち自身へのメッセージを残しています。

誰でもふるさとは大事です。
私のふるさとは神戸です。19年前の震災で生まれた町がなくなりました。(私の実家は転居しているので被災はしていませんが)育った町のほとんどが焼けてしまい、地震で崩れ去りました。とてもさみしいことです。しかし、神戸はすぐに復興が始まりました。大都市故に完全な復校には時間がかかるものの、都市としての機能はみるみる回復していきました。倒れてしまった高速道路も、崩れた線路も、あっという間に開通していきました。
個人レベルでは更地のまま家が建たない場所もたくさんありましたが、変化は目に見えていました。

でも、福島のこのちいきには、その復興の足音が見えてきません。その上、様々な問題が今問題になっているそうです。そんな中で福島の、避難している人たちの思いはどうなのだろうと、その中で生きている人たちの思いはどこにあるのだろうと思いました。(今回行っていろんな人のお話が聞けました。次回はそんなことを報告します)


では、今日の写真です。
津波で破壊された防潮堤です。この向こうは太平洋
まだ修復されることもなく、波消しのテトラポットが置かれているだけでした。
このあたりに除染作業で出た放射線の混じった土の入った袋の仮置き場が作られていました。


0V5A8776.jpg

こんなにも簡単に、完全に破壊してしまうものなんだと思いました。
しかし、この状態で置いていて本当にいいのでしょうか。もし、台風などが来たら・・・。
ここに住むためには、まだまだ越えなくてはならないハードルがたくさんあることが分かります。

0V5A8811.jpg

3・4枚目の写真は、上の2枚とは違う場所で撮った写真です。
この地域も、漁村です。周りには、そこに村落があったとは思えないような何もない草原になっています。
その草原の中に漁船が残されています。
岩手では陸に上がった船のモニュメントとして残すかどうかが随分前に論議になっていましたが、ここにはまだ放置されたまんまでした。

0V5A8742.jpg


0V5A8612.jpg

最後の一枚は、福島第一原子力発電所のクレーンの鉄塔です。
こんな距離に事故を起こした原発があります。

0V5A8605.jpg

(続く)


スポンサーサイト

コメント
あぁ〜〜
なんとも悲惨な状態のままですねぇ…
原子力発電所さえなければ…せめてもっと津波のこない所にあれば…
っと言っても、もうここでは遅いのでしょうが…この地域の人は
ふるさとがなくなってしまったわけですから、いまだ心の傷はこの
現場写真と同じなのでしょうね。
[2014/01/16 08:57] URL | Cat #BaHfIg/M [ 編集 ]

こんばんは
今週は福島の今のお写真なんですね。
もうこのような光景はあまりメディアに出ていないので 世間では風化してきているでしょうね。
でもこんな場所がまだ沢山あるのですね。
私もこの時は被害を受けるギリギリのところに住んでいました。
あの時の事は今でも鮮明に覚えています。
[2014/01/16 17:25] URL | モカ #- [ 編集 ]

Re: あぁ〜〜
Catさん、こんばんは
本当にその通りです。でも、福島の人たちはみんな頑張っておられます。いろんな立場で、周りから見たらいろんなことを思ったりもしますが、みなさん必死に今を生きています。だから、「頑張れ」ということばに違和感を感じます。すべてを失った人に、未来の見えない人に、私たちが「頑張れ」と言ってもいいのか?これ以上頑張れというのか??と思うのです。
具体的に、今の自分にできることを、無理のないように私が頑張らないと・・って思います。
[2014/01/16 22:15] URL | kimさん #- [ 編集 ]

Re: こんばんは
モカさん、こんばんは
そうでしたか。そうですよね。大阪でもあれだけ揺れたのですから、そちらの方がもっとたいへんだったんでしょうね。本当に絶対に忘れないと思います。
風化していたり、頑張っている姿を被災地に求めたりする傾向があるように思うのです。確かにテレビ的には頑張っている姿が必要でしょうからね。でも、げんじつには頑張りたくても頑張れないという人たちがたくさんいるのです。そんな姿をもっと知って、その上でみんなで支えていかなくてはいけないんだと思うのです。今自分にできることは何か、考えながら少しずつ動いていきたいと思っています。
[2014/01/16 22:20] URL | kimさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kimkim1717.blog.fc2.com/tb.php/316-d3f5c97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。