FC2ブログ
プロフィール

kimさん

Author:kimさん
大阪府在住

愛機・・・CANON EOS1V
     CANON EOS5DⅢ
     NIKON F
     ZENZABRONICA SQ 等

このブログに載せている写真
  …EOS5DⅢで撮影
通常メインで使用しているカメラ
  …EOS1V(フィルム一眼)


写真の撮影が趣味で、自分で撮った写真を見てもらえるようにと始めたブログです。

仕事の合間に撮影して、アップしていきます。

もしよかったら、感想なんかを残していってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

KIMさんのPHOTOLIFE
趣味で撮った写真を、その撮ったときの様子とともに、皆さんに見て頂くためのブログです。 せっかく来ていただいた皆さまの足跡を残すためにも、是非コメントをお願いします。
休日ドライブto和歌山
今日も、昨日の続きです。
白崎海岸の様子を見てください。

白崎海岸1


白崎海岸7


白崎海岸10


白崎海岸12



白崎海岸14

ここからは、海岸から離れて小高い山の上にある青少年の家の中にある、水仙の自生地です。
まずは海を背景に水仙を一枚・・・と思ってとったのですが、何とも完璧な逆光の直射です。これはどうしようもなく難しい条件でした。まあ、とりあえずこんな感じということでお許しを。

白崎海岸21

続いては、花は小さく背景の島影をメインにとってみました。

白崎海岸16

最後は、アップで撮ってみましたが、まあこんなものでしょう。
明日にまたまた続きます。
スポンサーサイト




休日ドライブto和歌山
日曜に、ドライブに行ってきました。
天気予報によると昼には晴れるということだったので、この時期に撮れる花=水仙を撮りにドライブをしてきました。大阪から行ける水仙のある場所を調べると、福井の越前海岸、淡路島の黒岩水仙郷、で、和歌山の白崎海岸でした。で、和歌山へのドライブに出かけること死にました。
これからは、その時の写真を見てください。

白崎海岸4

で、阪和道を走り、有田で降りて、醤油の発祥地で有名な湯浅の町の横を抜けて目指すは白崎海岸。
まったく初めての場所なので、どんなところかわからないので、まずは道の駅をめざします。
ついてびっくり。海岸線を走ってやってきたのは白い岩に囲まれた場所でした。

白崎海岸5

石灰岩でできた白い岩と青い空、白い雲と青い海
すばらしいコントラストで、とうてい日本ではない、まるで地中海にでもいるような感じがしました。
でも、風が強くとっても寒かったです。

白崎海岸6

水仙を撮りに来たのですが、思いもかけない風景に、しばし目を奪われました。

白崎海岸8

このあたりはダイビングスポットのようで、ダイビングスクールもあり、この寒い中でも何人かの人たちが海に入っていました。

白崎海岸9

この地域の名物は「くえ鍋」です。300円で試食がありました。とってもおいしかったです。
でも、わかめのしゃぶしゃぶの方がインパクトがありました。

白崎海岸17

水仙の花も当然とっていますよ。

白崎海岸19

せっかくだから、こんなアップよりもこの場所の雰囲気が伝わる写真が撮りたいと思っていましたが、なかなか難しかったです。そのあたりの写真はこれからぼちぼち小出しにしていきたいと思います。
次回をご期待ください。(それほどの写真はありませんがね)
天王寺イルミナージュ・その5
天王寺イルミナージュも今回で5回目です。でも、今回は昨日までと違います。
というのも昨日までとは撮った日が違うのです。今回は連れ合いと一緒に見に行った時のものです。
ですから、前回までは基本的に三脚を使用しての撮影でしたが、今日のは24ー105ISで手持ち撮影です。
とても寒い日でしたが、頑張って撮りました。昨日までとそんなに内容は変わりませんが、どうぞご覧ください。

0V5A2964.jpg

ツリーの上の白い点は月です。さすがにこのレンズで月を撮るのは至難の業です。

0V5A2972.jpg


0V5A2976.jpg


0V5A2982.jpg

あくまでこだわったのは通天閣。通天閣をいろんな撮り方で楽しんでいます。

0V5A2983.jpg

あべのハルカスを撮ってみました。さすがに手取りは厳しいものがありました。

0V5A3003.jpg



0V5A3010.jpg

さあ、これで天王寺イルミナージュは完結です。
天皇寺イルミナージュ・その4
天皇寺のイルミネーションの第4弾
もう書くことはあまりありません。今日は作品をどうぞご覧ください。


0V5A2877.jpg

0V5A2885.jpg

0V5A2861.jpg

0V5A2856.jpg

0V5A2851.jpg

0V5A2940.jpg

0V5A2959.jpg


天皇寺イルミナージュ・その3
天皇寺のイルミネーション第3弾
毎度おんなじ写真だというお言葉が聞こえてきそうですが、そこは聞こえないふりしながら今日もイルミシリーズです。

0V5A2868.jpg

天王寺公園界隈といえば、大阪のシンボル通天閣です。スカイツリーのように高い訳でもなく、特別かっこいいわけでもないけれど、大阪の人間にとっては大阪城と並ぶシンボルなんですね。
だから、かわいい通天閣と日本で最も高いビルになって来年のグランドオープンを待つあべのハルカスのミニチュアを絡めて撮ってみました。「これぞ大阪」って感じですかね。

0V5A2869.jpg


0V5A2900.jpg

子鹿が光の草原で遊んでいると、お父さんとはぐれてしまいました。「お父さんどこにいるの!」と行っているようにみえませんか?

0V5A2902.jpg

「お父さんはここだよ、うろうろしてたら迷子になるよ。早くこっちにおいで」という会話をしているようにみえませんか??

0V5A2928.jpg


0V5A2935.jpg

最後は、イルカとかたつむりの写真も一緒にアップしておきます。
天皇寺イルミナージュ・その2
今日も天皇寺イルミナージュの写真です。
昨日の写真とはまた違った写真にしてみました。

0V5A2818.jpg



0V5A2828.jpg



0V5A2839.jpg



0V5A2843.jpg



0V5A2865.jpg

やはり、若いカップルがたくさんいたのでシルエットの被写体になっていただきました。

0V5A2912.jpg



0V5A2918.jpg

てんとう虫とキノコなんかもありましたよ。次に続く。

天王寺イルミナージュ・その1
先日、昨年末から行われているあべの・天王寺イルミナージュに行ってきました。
以前は「クリスマスイルミネーション」が普通だったので、年末で終了することが多かったのですが、最近は「なばなの里」なども含めて「ウインターイルミネーション」ということで、年を越してもじっしされています。
天王寺のイルミナージュは、入場料1000円であると思うと、ちょっと物足りなさを感じますが、写真を撮るならなかなかのものでした。
これからしばらく、ウインターイルミネーションがつづきますが、なにとぞご覧ください。
ワンパターンだ!!とのおしかりは、なにとぞご容赦くださいませませ。


0V5A2773.jpg

まずは、入り口にある大きなツリー?? クリスマスじゃないから、ツリーはおかしいかな?
大阪のシンボルも一応入れております。

0V5A2774.jpg

スローシャッターのため、ちょっと心霊写真みたいな感じです。

0V5A2775.jpg

これは不思議な写真です。足だけがうつっている。心霊写真か?でも幽霊なら足がないはず。
じゃあ、幽霊が忘れていった足なのか??
でも、冗談抜きに足だけが写って、体が消えるというのは不思議な写真です。なんでこうなるの???

0V5A2803.jpg

ここから3枚は同じ場所からの写真です。人の姿をシルエットでとらえてみました。
ピント位置も含めてちょっと変えながらの撮影です。

0V5A2808.jpg

0V5A2809.jpg

0V5A2846.jpg

次回に続く
加古川にて
正月に、墓参りに行きました。私が育った町の隣の、兵庫県加古川市にあります。この加古川市には、私が3年間通った高校があり、青春の思い出がたくさん詰まった町です。そのことをいろいろ書いていると、なんだかいろんな思いがこみ上げてきそうになりますので、ここでは省略させていただきます。
で、墓参りの帰りがちょうど夕暮れ時になったので、少し待って、加古川の土手で少し待って夕景を撮りました。

0V5A2364.jpg


0V5A2367.jpg


0V5A2369.jpg


0V5A2378.jpg


0V5A2393.jpg


0V5A2402.jpg

どの写真も同じような構図なんですが、少しずつ画角や空の広さやいろんな変化をつけて撮ってみました。(まあ、ほとんど同じにみえますがね)

0V5A2416.jpg

もう少しきれいに焼けてくれたらもっとよかったんですけどね。
でも、たまたま撮った割にはよく撮れたかなって思います。
京都府立植物園-その5
前回は、写真だけのアップになってしまいました。
完全な逆光の状態で、カメラに直接日光が当たらず葉や花に光が当たった反射を利用しての撮影でした。
目で見るとそれほどでもない光景が、カメラのレンズを通してみると、印象的な写真になりました。
葉を主役にするというのも、なかなか思いつかないので、自分なりにはいい写真が撮れたと喜んでいます。
後半の写真は、手前にあるロウバイの花を前ボケに使って、後ろの木を逆光で写しました。

今日は、前回前ボケに使ったロウバイを、素直に撮ってみました。
ロウバイっていつも思うのですが、なかなか撮りにくい被写体です。

京都植物園29


京都植物園30


京都植物園31


京都植物園32

梅の木があったので、撮ってみました。

京都植物園34

帰りに車の中から東寺(教王護国寺)の五重塔を撮ってみました。
京都府立植物園-その4

京都植物園23


京都植物園24


京都植物園25


京都植物園26


京都植物園27


京都植物園28



「生きている」ということを大切にしたい
おはようございます。
今日は1月17日です。阪神淡路大震災から18年が経ちました。
あのひ、自分の生まれ育った場所が大きな被害を受けました。(幸いにも自分や自分の友人知人で命をおとしたひとがいませんでした)
そのなかで、自分自身が被災したわけではなく、身体的物的に被害があったわけではありませんが、
家庭での生活や精神的な面で大きく変わってしまったのが18年前の今日でした。

私の変化なんかは、本当に被災した人たちと比べると「なんだ」というくらい小さなものなのですが、自分にとっては本当に大きなものでした。あれから月日が経つ中で、なんとか現在はよい方にまた変わってきて、こうやって自分のしたいことをして楽しく暮らせるようになりました。

でも、だから、毎年この日には、改めて「生きる」ということを考えたいと思うのです。
当たり前のように生きているけど、生きることが当たり前ではない、生きていることがありがたいことだと思えたあの日、生きたくても生きることができない人がたくさん出たあの日のことを考え、自分は今どう生きたらいいのかを考えたいと思うのです。

生きている自分にできること、自分だからできることを見つけて、今を精一杯に生きていきたいと思います。
あれから18年。命を、生きるということの大切さを知ったからこそできることを自分なりにやっていきたい。そんなことを今朝5時46分に、テレビの映像を見ながら黙祷しながら考えていました。


0V5A2769.jpg

0V5A2768.jpg

京都府立植物園-その3
京都府立植物園のその3です。もう少しつづきますので、おつきあいください。
水滴撮影もそろそろ2時間を超えた頃の写真です。やっと、きれいな水滴を見つけたのですが、その水滴を大きく見せると、葉ボタンの葉の先だけになり、全体的にとげとげしてしまうし、葉の印象を弱めようと思うと、水滴は小さくなるし・・・。太陽の光が当たると水滴は輝くが、葉の印象がきつくなるし、日が陰ると葉は柔らかく写りいいのですが水滴のインパクトがなくなる。なかなか思うようにはいかない歯がゆさがありました。
何かいい撮影方法はないかと悩みながら撮ってみたのが、今日の数枚です。あと、午後の水滴以外の撮影もアップしています。

京都植物園9

昨日までの写真もそうですが、白い葉ボタンの葉は難しいですね。白色をどんな色に出すのか、水滴とのバランスがなかなかうまくいきませんでした。

京都植物園13

今度は、赤っぽい葉と水滴です。この水滴がきれいでした。でも、葉がちょっときつくなっちゃったかな。

京都植物園14

そこで、少し引き気味に撮ってみると、ちょっと印象が薄いか?露出もちょっとオーバーすぎたか?などと悩んでしまいます。

京都植物園16

で、そこで新しいカメラの必殺技(年末に買っちゃいました)2回の多重露出です。一回目は普通に撮って、2回目をピントをぼかして写すことで、全体的に柔らかい描写をしようと、デジタルでは初めての挑戦です。(フィルムではやっていたのですが)でも、水滴の印象が弱まりすぎたかな??。

京都植物園20

昼食後、午後の撮影はサザンカの撮影です。とは言っても、普通に花を撮るのではなく「葉」の撮影です。花には脇役にまわってもらいました。葉の輝きを葉の周りにあるぎざぎざの部分の反射の丸ボケというちょっと変わったものを狙って撮ってみました。(この狙いは、教えていただいたのですがね)

京都植物園21

京都植物園22

どうでしたか?京都植物園シリーズ、まだまだつづきます。
京都府立植物園-その2
本日も、京都府立植物園のマクロ撮影三昧です。
昨日に引き続き、葉ボタンと水滴が中心の写真です。
水滴のかわいい姿を見てやってください。
ただ、白い葉ボタンと水滴の写真はなかなか難しいです。白を行かそうと思うと結構プラスに補正しないといけないけど、水滴はプラスにすると目立たなくなる・・・。撮るのはプラスもマイナスも撮るのですが、選ぶのはとても難しいですね。そんな作品たちをどうかご覧ください。

京都植物園18

京都植物園8

京都植物園10

京都植物園11

京都植物園12

京都植物園6

京都植物園19

マクロレンズで、できる限り1つの水滴にピントを合わせて撮っています。複数あると、何が主役かわからなくなります。でも、水滴はたくさんあって、いくつかにピントが合ってしまいます。カメラを右に動かしたり、左に動かしたり。ほんのちょっとだけの動きで絵が多き聞く変わりますので、結構大変だったんですよ。
周りから見たら、とても不思議な光景だったと思います。
京都府立植物園でひたすらマクロ撮影
先日、京都府立植物園に行ってきました。
さすがにこの時期は花などはほとんどありませんでしたが、この時の目的は「マクロ」撮影です。
なんと、4時間以上かけて(昼食の時間は除いて)撮影しましたので、撮影枚数は400枚を超えてしまいましたので、これから何日かにわたって紹介していきたいです。

植物園でまず最初に撮影したのは「葉ボタン」です。でも、葉ボタンを撮ると言うよりは、葉ボタンについているあれを主役にしたんです。この時期の午前中は、葉にはあれがついているんですよね。あれって何か?
それは写真を見てみてください。頑張って撮ったので、よーく見てみてください。

京都植物園1

わかりましたか?そうです。水滴です。ただ、雨による水滴ではないので、水滴が小さくて見つけにくいかもしれませんが、その文かわいい水滴になったようです。ということで、見ていただけたらと思います。

京都植物園2

京都植物園3

京都植物園4

京都植物園5

京都植物園7

京都植物園17

途中、葉ボタンではなく、雑草に水滴も入れてみました。
最後は、空の写真も一応撮っておきました。
今日はここまでですが、同じような写真がつづいて申し訳ありません。でも、しばらく我慢してみてやってください。
沖縄-その2
沖縄その2です。
あまり晴れず、夏のような青い空と海というイメージの写真は、ほとんど撮ることができませんでしたが、
今帰仁村(美ら海水族館のある場所から少し東の方に行った場所)にある古宇利島からの風景は、天気に関係なくすばらしいものでした。ご覧ください。

0V5A1497.jpg

古宇利島へは橋で渡ることができます。渡ってすぐの場所から橋を撮ってみました。
かなり長い橋ですが、吊り橋とは全然違う橋の姿が、絵になりそうなので、さあ撮影です。

0V5A1508.jpg

まずは、この橋を強調して、空と海の青さを作品にしてみました。

0V5A1526.jpg

今度は、橋の長さを強調した写真にしてみました。でも、ちょっと暗くなってしまったかな。

0V5A1475.jpg

波打ち際に目を移してみると、砂浜が夕日に照らされて赤色に輝いていました。
すてきな情景に出会えてとても嬉しかったです。
でも、もっと青い空と海を見ることができたら、最高だったでしょうね。

0V5A1535.jpg

もういちど、今度は砂浜の白さと橋の長さを表現しようと思ったけど、ちょっと普通の写真になってしまいましたね。

0V5A2346.jpg

さあ、沖縄らしい写真もここまで。網写真がありません。(写真がメインではなかったのでね)
で、帰る前に那覇市の国際通り近くにある牧志市場でうろうろしながら写真を撮りました。

0V5A2351.jpg

最後はその市場に会った、シーサーの置物です。この笑顔が何ともいえずかわいくてすてきだったので、撮ってしまいました。年の初めとして縁起もいいので、これで今日はしめたいと思います。
年末に沖縄に行ってきました
年末に3泊4日で沖縄に行ってきました。
沖縄に行ったといっても旅行ではありません。ちょっとした勉強をしに行ってきたので、ほとんど遊びはなし。
しっかりカメラは持って行ったので、何とか合間を見ながら写真を撮ったのですが、やはり沖縄は写真的には夏ですね。なかなか沖縄らしい写真を撮ることはできませんでした。
そんな中で撮った写真を紹介したいと思います。

0V5A1020.jpg

沖縄市のホテルから撮った朝日です。ほとんど曇っていたので、朝日もうまく撮ることはできなかったのですが、海に落ちる朝の光を強調するために、結構マイナス補正をして撮りました。

0V5A1083.jpg

2枚目は、冬の海岸での一枚です。沖縄といえども、この時期に海で泳ぐことはできませんが、日中の風のない時なら半袖で問題ないくらいに暖かかったです。曇り空が恨めしい!でも、何とか雲の切れ間から光が漏れた瞬間です。

0V5A1225.jpg

3枚目はこの日に行った伊江島にあるたった1つの山に登った時の様子を写した写真です。
大阪なんかで見る岩や木とは全然誓う自然がそこにはありました。

0V5A1251.jpg

頂上に登れば、360°の展望です。晴れていれば最高の景色なんでしょうね。

0V5A1264.jpg

この島で67年前にあった戦争の傷跡が残されていました。アメリカ軍が上陸する前に船から攻撃してきた砲弾などで穴だらけにされた建物が1つだけ残されていました。
数ヶ月で10万人以上がなくなった沖縄戦のことは忘れてはいけないと思い、絶対に戦争はしてはいけないと思いました。

0V5A1287.jpg

この戦争遺跡の横に咲いていた花です。戦争の傷跡と鮮やかな色彩の花の対比が印象的だったので、撮ってみました。しかし本当に暖かかったです。

0V5A1327.jpg

最後は、伊江島のフェリー乗り場の横にあった観光施設です。やっと青空がみえてきたので、建物を入れて青空を撮りました。
高校ラグビー その2
IMG_0814.jpg
IMG_0790.jpg
IMG_0792.jpg
IMG_0799.jpg
IMG_0805.jpg
IMG_0806.jpg

準決勝第2試合、この試合は結局御所実業高校が徐々に点差を広げ、危なげなくかちあがりました。
そして、昨日決勝戦があり、大阪代表常翔学園高校が優勝しました。

高校は関西勢が圧倒的に強いんですよね。

高校ラグビー準決勝
先日近鉄花園ラグビー場に行ってきました。高校ラグビーの全国大会準決勝です。
第1試合は大阪第1地区代表の常翔学園高校(昔の大阪工大高です)対國學院大學久我山高校です。
常翔学園の一方的な試合になってしまいました。

IMG_0718.jpg

IMG_0723.jpg

IMG_0740.jpg

IMG_0754.jpg

2試合目は奈良の御所実業高校対茗溪学園高校の試合です。
お互いにトライを取り合う競った試合になりました。

IMG_0780.jpg

IMG_0781.jpg

もう一回つづきます。
2013年カレンダー その7
2013年のカレンダー用写真の最終回です。
もう一回おつきあいください。

7月カレンダー

1枚目は7月用の写真で、滋賀県の箱館山のユリ園での写真です。このユリ園は主にスキー場で育てているのですが、この日は曇っていたので林の中のユリを撮って背景を空ではなく林の木にしたものです。

8月カレンダー

2枚目は、8月用の写真です。横位置と同様、兵庫県の佐用町南光地区のひまわりです。一面のひまわりの中に1つだけを主役にした写真です。段差のある畑で育てている場所を利用しての撮影でした。

9月カレンダー (2)

次は9月用の写真です。このあたりから以前のブログで紹介したものと同じような構図になります。
京都府亀岡市の彼岸花ですが、1つだけの仲間はずれになった花にピントを合わせ、後ろの彼岸花の赤いラインを生かしての撮影です。

9月カレンダー

同じく9月の写真で、京都府南丹市美山のそば畑と萱葺住宅を撮影しました。

10月カレンダー

次は10月用の写真です。乗鞍岳の紅葉です。やはり去年の紅葉はすばらしかったと改めて思いますね。

11月カレンダー

次は、11月用の写真で、高野山の紅葉です。以前紹介した写真とこの写真の違いは、これはフィルム写真なので、魚眼レンズの画角がそのまま生かされていると言うことです。以前の写真はAPS-Cサイズだったので、実際には魚眼の画角では撮れていませんでした。対角で180°が入る画角のおもしろさが行かせていると思っています。

12月カレンダー

最後の一枚は、12月用の大阪市役所横のイルミネーションです。
えらく長い間カレンダー用の写真がつづいてしまいました。
これからは通常の写真に戻したいと思います。
2013カレンダー その6
今日で3が日も終わり、明日から仕事のスタートです。仕事では勝負の3ヶ月の始まりです。
このブログで今紹介しているカレンダーですが、今日やっと8冊分のカレンダーの印刷ができました。明日にでも何人かに配ろうかと思っています。
ということで、今日も今年のカレンダー用フィルムカメラの作品です。あと少しつづきますが、「飽きた」と言わずに見てやってください。

4月カレンダー (2)

まずは1枚目は、4月用の写真です。桜の花びらが散って、池の水の上に浮かんでいる様子を撮った写真です。
水面の凹凸と花びらのバランスがよく撮れたと思います。ちなみにこれは長野県の駒ヶ根高原にある池です。

4月カレンダー

2枚目も、4月用の写真です。こちらは1本のちょっと寂しい桜の木と、背景の杉の木立をメインに作品としてまとめてみました。雨の吉野山でしっとりとした朝の静けさを表現した写真が撮れて、なかなかのお気に入りです。

5月カレンダー

3枚目は5月用の写真です。横位置もでしたがバラのマクロの作品です。自分としては、ちょっとパターンにはまった構図ではありますが、色が色だけにきつくなりがちですが思った以上に軟らかい表現ができたのではないかと思います。(とはいえ結構きつい色ですが)

6月カレンダー

最後は6月用の写真です。夕方の光が水面できらめいていたので、これを背景に、まだ開ききっていない菖蒲の花をメインに撮ってみました。普通の菖蒲の花のイメージとは違った作品にできたかなと思います。
2013年カレンダー その5
今回も、引き続き昨年フィルムカメラで撮った写真からつくるカレンダー写真です。
今日からは縦位置写真です。
今日から横位置カレンダーの制作にかかります。さあ、何部つくろうかな・・・。

1月カレンダー

1枚目は、1月用で先日の瀬戸内旅行の時に撮った夕景です。1月にふさわしい写真がなかなかないため、夕景と朝日の区別がつきにくいので朝日のつもりで1月用の写真にしました。

2月カレンダー

2枚目は、2月用の写真です。2月に雪の撮影に行った琵琶湖の風景です。湖にせり出した木の曲線と奥行き感を強調して顧客レンズで撮った写真です。フィルムカメラならではの広角写真になりました。(デジタルだとフルサイズということですね)

3月カレンダー (2)

3枚目は、3月用の梅の写真です。これは、大阪城公園の梅園で撮りました。梅の花と、手前の梅の枝と背景になる梅の枝のリズム感を生かして撮影してみました。

3月カレンダー

最後の一枚も3月用の写真です。梅のつぼみが並ぶ枝の曲線を生かして、そこにあった水滴の映り込みにピントを合わせて撮影しました。

明けましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。写真撮影もぼちぼちやっていきたいと思いますので、今年も見に来ていただけるようぼちぼち写真を紹介していきたいと思います。

では、昨年からの続きということで、カレンダー用写真の紹介です。

10月カレンダー

1枚目は10月用の写真です。この月は一番悩んだ一枚です。コスモスの写真にしようか乗鞍にしようか悩んだのですが、乗鞍の紅葉のすばらしさを伝えたくてこの写真に決めました。乗鞍高原の一の瀬園地で撮影しました。この写真を撮影した10月初旬は、高原の紅葉にはまだ早かったので少しの紅葉を生かしての撮影でした。

11月2カレンダー

2枚目は、11月用の写真です。乗鞍高原から乗鞍の畳平へのバスで見た光景には圧倒されるものがありました。黄金に輝く紅葉の様子は言葉に表すことができないすばらしさでした。畳平でバスを降りて徒歩で2時間ほど撮影しながら下っていきました。その途中で撮った一枚です。遠くの山のブルーがいいアクセントになったと思います。

11月カレンダー

3枚目も11月用の写真です。室生寺で撮った紅葉の一枚です。うーん、どっちにするのか考えたのですが、これも2種類つくることにしたいと思います。

12月カレンダー

最後の一枚は、12月用の写真です。来島大橋で撮った一枚を12月の写真にしました。ここのところイルミネーションの写真を使うことが多いだけに、この写真を使うことにしました。